助成金について

助成金とは、主に厚生労働省が管掌している雇用に関連した支援金のことを言います。
雇用保険に加入している事業所で、要件を満たしていればお金が支給されます。
助成金の財源は、皆さんが支払う雇用保険によって賄われていますので、助成金の申請にあたって、代理申請ができるのは現在、社労士のみとなっています。

助成金には大きく分けて2つのメリットがあります。

1つ目は、「要件を満たしていれば返済不要のお金が支給される」という事、2つ目は、「会社の信用につながりやすい」という事です。なぜ、会社の信用につながるのは、労働関係の法令に違反がないという事が助成金が支給されるため、助成金が受給できる事業所は、労働関係の法令に違反がないと厚生労働省が認めた事業所となるわけです!

では、助成金はどのようなものが、あるのかと言いますと以下の通り50種類以上もあります。

助成金一覧

金額についてはどの助成金をやるかによって異なりますが、一般的には百数十万円程度受給している会社が多いです。
また、助成金は1年から1年半経過後に取得できるものが多いので、気長に待っている必要があります。

その他、ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 

View this post on Instagram

 

アリア会計事務所さん(@ariakaikei)がシェアした投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL