平成30年度の「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の合算表

「配偶者控除」と「配偶者特別控除」は平成30年度から制度が改正されますので、気にされている方も多いと思います。
しかし、そもそも配偶者控除と配偶者特別控除とは何が違うんだ??っとなるところなので、簡単に説明していきます。

配偶者控除も配偶者特別控除も「配偶者」とあるように、一定の条件を満たした「配偶者」がいる場合に使うことができる節税策です。
名称が異なっていてわかりづらいですが、実態は全く同じものです。

節税としては、所得税と住民税に影響があります。具体的には以下の表の金額の所得控除が行えます。
なかなか住民税まで記載してある表がないので、少し作ってみました!
参考までにお使いください。

 

配偶者の合計所得金額 納税者の合計所得金額
900万円以下 900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下
所得税 住民税 所得税 住民税 所得税 住民税
85万円以下 38万円 33万円 26万円 22万円 13万円 11万円
85万円超90万円以下 36万円 24万円 12万円
90万円超95万円以下 31万円 31万円 21万円 21万円 11万円
95万円超100万円以下 26万円 26万円 18万円 18万円 9万円 9万円
100万円超105万円以下 21万円 21万円 14万円 14万円 7万円 7万円
105万円超110万円以下 16万円 16万円 11万円 11万円 6万円 6万円
110万円超115万円以下 11万円 11万円 8万円 8万円 4万円 4万円
115万円超120万円以下 6万円 6万円 4万円 4万円 2万円 2万円
120万円超124万円以下 3万円 3万円 2万円 2万円 1万円 1万円
123万円超 0円

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL